「ウェブ担当者1人で完結できる!」サイト成約率アップに効く実践テクニック10パターン【事例付】

EC、人材、不動産…、ジャンルを問わずウェブサイトを運営する上で重要な指標の一つに成約率(コンバージョン)があります。
サービスの売り上げをアップさせるために、成約率をどのように改善していくか、事例を交えて紹介します。

この記事の目次

そもそも…成約率とは?

  • サイト上では何をすると「成約」になるのか
  • 成約率(CVR)の算出方法

成約率を高めるための考え方

  • どこに改善の余地がある?まずは課題・仮説を見つける
  • PDCAを実行する(アイデアを出し、実行し、検証し続ける)

成約率の改善テクニック 10の実践パターン

  1. 非会員にだけ会員登録クーポン発行
  2. 過去の閲覧ページをもとに訴求を変える
  3. セール期間などのカウントダウン
  4. 「同じ商品を何人が狙っているか」リアルタイム通知
  5. 閲覧商品の比較コンテンツへの誘導
  6. スマホ閲覧時だけ電話問い合わせバナーを出す
  7. バースデークーポンをサイト内で発行
  8. 会員ランクに合わせたセールへの誘導
  9. 関連商品をカート投入後におすすめする
  10. 送料無料になるまでの金額をお知らせする

まとめ

  • 常にサービスを事業視点で考えることがポイント

続きを読む

インフォグラフィック「データで振り返るKARTEの1年」を公開しました

株式会社プレイドが提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が2017年3月12日に2周年を迎えたことを記念し、インフォグラフィック「データで振り返るKARTEの1年」を公開いたしました。

色々な“幅”の進化を表す1年をインフォグラフィックで表現

2年目を迎えた「KARTE」は、様々なカテゴリのサイトに導入が進み、活用方法も多様になった1年となりました。今回のインフォグラフィックではその“幅”の進化を表現しています。

導入企業数は1,430社(2017年2月末時点)、運用者のアカウント数は3,600名を超え、多くのお客様に日々ご利用いただくサービスへと成長しています。
これまでに解析した累計ユニークユーザー数は12.5億UU ※1 を超え、「KARTE」を利用して行われた月間のアクション数は1億回 ※2 、KARTEを導入するECサイトで計測された解析売上金額は年換算で5,000億円 ※3 という規模まで拡大しました。

※1 2017年2月末時点でKARTE導入企業の累計UU数を合算した数字
※2 2017年2月の単月での数字
※3 2017年2月までの実績から算出した年間換算額

今回のインフォグラフィックでは、上記の数字のほか、ECサイト以外に広がる導入サイトカテゴリの割合や、KARTEによる接客の有無におけるコンバージョンの変化などを紹介しています。下記リンクより、是非ご覧ください。
 

データで振り返るKARTEの1年

https://karte.io/infographic/2017.html
 

[KARTE 新機能] ウェブチャット機能アップデート、YouTube動画再生時間が取得できるようになりました

KARTEサポートチームの谷です。最近行った主なアップデート内容をご紹介します。
今回はウェブチャットの機能追加とYouTube動画の再生時間を取得できるようになりました。
 

アップデート内容のまとめ

  • ウェブチャットのレポート機能が追加されました
  • ウェブチャットの自動アサイン機能ができました
  • ウェブチャットの権限設定ができるようになりました
  • YouTube動画の再生時間取得テンプレートが追加されました
    続きを読む

「受信箱に埋もれることがないSMSで、確実にメッセージを届けたい」株式会社アトラエ KARTE TALK導入事例インタビュー

成功報酬型求人メディア「Green」や、完全審査制AIビジネスマッチングアプリ「yenta」、「社員の声が組織を変える」組織改善プラットフォーム「wevox」を開発、運営している株式会社アトラエでは、「Green」においてKARTE TALKのSMS機能をご利用いただいています。
今回は、KARTEをご利用いただいている井端様にお話を伺いました。
 

企業の担当者からのメッセージが届くのが、我々の強み

我々のサービスは、IT、Web業界に特化しており、その中でもWebエンジニアやWebデザイナーをメインターゲットとして運営しています。
このターゲットの方たちはUIにこだわりがある方が多いので、その人たちの基準から見て本当に使いやすいサイトになっているかどうかということを意識しています。
 
サイトとして最も重視している点は、企業の人事担当者が自分で考えたメッセージが求職者に届くことです。
求職者の方が、自分に向けてアプローチをされているなと感じてもらえるメッセージが多く届きます。
 
エージェントの方や代理の方からのメッセージではなく、企業の担当者の方が手間ひまかけてメッセージを送ってくれているというのを感じることができるのは、我々のサービスの強みですね。
 

続きを読む

「ファッション×テクノロジーの未来とは?」ベイクルーズが取り組むウェブ接客とテクノロジーを活用した最新のFashionTech

本記事は、2017年1月16日に渋谷dots.で開催された「Fashion Tech Night #02 Produced by Fashion People +」における株式会社ベイクルーズ村田氏とプレイド代表 倉橋のトークセッションの内容を編集したものです。
 

登壇者

株式会社ベイクルーズ 取締役 ICT統括 村田 昭彦 氏

明治大学卒業後、オンワード樫山、サイバーエージェントグループ、カフェグローブドットコムを経て、ベイクルーズへ入社。現在は、ICT統括兼EC統括管掌取締役として、自社ECサイト運営などのEC事業のほか、情報システムやデジタルマーケティングを担当。
 

株式会社プレイド Co-Founder and CEO 倉橋 健太

同志社大学法学部を卒業後、楽天株式会社に新卒入社。楽天市場におけるWebディレクション、マーケティング、モバイル戦略、広告戦略等、多岐にわたる領域を担当し、楽天市場事業の成長に貢献。2011年10月にプレイドを創業。
 

ベイクルーズグループの紹介

まずは、ベイクルーズ村田氏からベイクルーズグループの紹介。


続きを読む

KARTEストアの12月リリース内容を一気読み。12個を新規にリリースしました!

KARTEのカスタマーエクスペリエンス担当の藤田です。
KARTEストアに「アプリ」2個、「接客サービス」10個を12月に新たに追加致しました。

リリース内容

アプリ(2個) ※KARTEの機能を拡張するオプション機能など

  • データテーブル β版 (データ連携で接客の幅を拡張可能に)
  • Market連携(顧客データを相互にやりとり可能に)
     

接客サービス(10個) ※よく利用されるシナリオなど

  • 複数機能を同時にアイコン常駐化
  • スライダー形式で項目をアイコン常駐化
  • 重要機能をフッターにアイコン常駐化
  • 「よくある質問」を適正な場所&適正なタイミングで
  • 応募型プレゼントキャンペーンでメールアドレスを取得
  • 1日1回引けるくじでリピート率をアップ【QVCジャパン事例】
  • スタンプラリーで連続アクセス促進を
  • 様々な切り口でバレンタイン特集を
  • お返し相手から選ぶ、ホワイトデー特集
  • 決済する一歩手前でアップセル施策を
    続きを読む

KARTEストアの11月リリース内容を一気読み。11個を新規にリリースしました!

KARTEのカスタマーエクスペリエンス担当の藤田です。
KARTEストアを11月中に新たに「接客サービス」11個を新たに追加致しました。
 

リリース内容

接客サービス(11個) ※よく利用されるシナリオなど

  • 診断系のコンテンツでエンターテイメント性を
  • 利用頻度が高い機能やコンテンツをアイコン常駐化
  • 離脱しそうなユーザーにオススメ商品を
  • 投稿フォームでユーザーの声を直接聞く
  • コンシェルジュとともに「閲覧人数」表示
  • サイト上で補足コメントをご案内
  • スクロールナビ(コーナー告知)でイベント訴求を
  • ランキングなど人気コンテンツをレコメンド
  • サイト上に簡易に閲覧履歴機能を導入
  • 週末のお天気に合わせて商品や特集をレコメンド
  • 初売り特集で新年の需要を取り込む

今後もストアにはどんどんコンテンツを追加していく予定です。 
続きを読む

個客への最適なコミュニケーションの実現を追求する「Marketo」と「KARTE」が連携開始しました

世界最大のマーケティング専業のエンゲージメントマーケティングプラットフォームと連携


「Marketo」は、世界39カ国で4,600社以上が導入するエンゲージメントマーケティングプラットフォームです。
米国で創業したマルケトは欧米市場を中心に急成長し、日本には2014年6月に本格進出しています。
これまでに国内で300社を超える導入実績があり、大手をはじめベンチャー企業などにも導入されています。
 
今回の連携により、「Marketo」と「KARTE」がそれぞれで蓄積した顧客データを相互にやり取りすることが可能となりました。
両社が重要視する「一人ひとりの顧客に対して最適なコミュニケーション」の実現を、より厚みのあるデータを活用し、最適なチャネルを選んで行うことができます。
続きを読む

「ユーザーの気持ちに応えられる接客をしたい」株式会社東京リーガルマインド KARTE導入事例インタビュー

働く人のキャリアアップ・生産性の向上および企業のイノベーションを支援する東京リーガルマインドでは、「LECオンライン申込ページ」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、KARTEをご利用いただいているWEB部の林様、佐藤様にお話を伺いました。
 

リアルタイムの接客が課題解決につながる

私たちはECサイトを管理している部署なのですが、課題になっていたのは、カートに遷移した後に未購入のままでサイト離脱をするユーザーでした。
カートに商品を入れたままでサイトを離脱したユーザーにメールを送る、いわゆるカゴ落ちメールを一部でやっており、一定の効果が出ていました。
 
その時にKARTEのことを知り、リアルタイムで接客ができ、サイトにいる間にもメッセージを伝えることができるサービスのほうが、サイトにいない時にメールで送るより課題解決に対して効果があるだろうと考えました。
 
また、社内のWebデザイン部門は新規のページ制作がメインの役割になってきますので、デザイナーやディレクターのリソースに頼らずに自分たちだけでサイト改善のサイクルを早めたいとも思っていました。
A/Bテストもやりたいと考えたいたところ、これらの課題がKARTEで解決できるいうことを知り、導入を決めました。
 
dsc09791
続きを読む

KARTEストアの10月リリース内容を一気読み。新たに14個をリリースしました!

KARTEのカスタマーエクスペリエンス担当の藤田です。
KARTEストアを10月中に「アプリ」2個、「接客サービス」12個を新たに追加致しました。
 

リリース内容

アプリ(2個) ※KARTEの機能を拡張するオプション機能など

  • シルバーエッグ・テクノロジー(レコメンド機能との連携)
  • Facebookメッセンジャー(KARTE TALKにFacebookメッセンジャーを追加)
     

接客サービス(12個) ※よく利用されるシナリオなど

  • 未購入者に福引きでエンターテインメントを
  • クイズでエンターテイメント性を
  • スクロールナビ(買い物カゴ)で購入ボタンへ
  • スクロールナビ(上へ戻る)で快適操作
  • 初回訪問時に適正な誘導を
  • 商品予約日までをカウントダウンして事前告知しよう
  • 通知バナー訴求でさりげないカウントダウン訴求を
  • 未購入者にクーポン配布で購入促進を
  • 地域情報を利用して地域限定企画を開催
  • 海外からのアクセスを適正ページへ誘導
  • 迷いユーザーにはチャットでフォローを
  • 話題性のあるオリジナル福袋で訴求しよう

 
今後もストアにはどんどんコンテンツを追加していく予定です。 
続きを読む