shoku2

「お店にいるお客様がどういう方なのか、KARTEによって明確化される」株式会社 食文化 KARTE導入事例インタビュー

株式会社 食文化は、「築地市場ドットコム DeNAショッピング店」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、築地市場ドットコム DeNAショッピング店のサイト運営を担当されている小滝様にお話を伺いました。
 

メールマガジン以外にお客様を飽きさせないものを探していた


弊社の店舗は、店名そのままに築地市場に集まってくる旬の海鮮やフルーツを販売しています。
揃えている商品の品揃えには自信を持っていて、お客様もコストパフォーマンスよりも質にこだわりがある方が多いです。
 
希少性がある商品も多いため、メールマガジンでの販売促進には強みがあります。
メールマガジンで限定商品の告知などを行うと、すぐに完売してしまうこともあるほど、メールマガジンでの告知がうまくいっていました。
 
ただし、それだけではお客様がなかなか増えませんので、広告を使っての集客も検討しました。
しかし、広告で訪問するお客様が増えたとしても、売りたい商品を買ってもらうためには何をすればいいのだろうと困っていました。
 
メールマガジン以外で、お客様を飽きさせないようにしたいと考えている時にちょうどKARTEと出会い、メールマガジンではやりきれない、お客様の属性に合わせた細かな接客ができることが、KARTEの導入を決めた理由の一つです。
 

shokubunka築地市場ドットコム DeNAショッピング店

 
続きを読む

mag_header_20160829_1

[KARTE 新機能] KARTEストアリニューアル。オススメの「接客サービス」を追加可能になりました!

KARTEのカスタマーエクスペリエンス担当の藤田です。
KARTEストアをリニューアルし、新たに多数のシナリオ例を掲載した「接客サービス」を追加致しました。
 

KARTEストアをリニューアルしました

今までは、KARTEのオプション追加ができる「アプリストア」を提供していたKARTEストアですが、リニューアルに伴い、オススメの「接客サービス」も簡単に追加できるようになりました。

また、ウェブ接客に関してのナレッジや、KARTEをご利用いただいているお客様のインタビューなども、このKATREストアから確認できるようになります。
 

スクリーンショット 2016-08-25 17.48.43KARTEストアの画面

 
続きを読む

tabica

「ホストとユーザーとのコミュニケーションを、KARTEが強力に後押ししている」株式会社ガイアックス KARTE導入事例インタビュー

株式会社ガイアックスでは、田舎での日帰り観光ツアーを提供する「TABICA(タビカ)」で、KARTEをご利用いただいております。
今回は、事業責任者を務める細川様、そして企画営業を担当する畑中様にお話を伺いました。
 

「サイト内のユーザー導線の分かりづらさ」がTABICAが持つ課題でした


KARTEの導入前、TABICAへの訪問ユーザーを増やすための施策のみを行っていました。
しかし、サイトを訪問してくれたとしても、プランへの登録をせずに離脱するユーザーの割合が非常に高く、その状況を改善したいと考えていました。
 
離脱率の高さは「プランへの登録方法がよく分からない」といった部分にあったようです。
実際に、システムの利用方法に関する問い合わせが、当時は頻繁に寄せられていました。
そうした課題を改善するため、KARTEを導入しました。
 
当然、サイト内の導線を改善するといったことも同時に進めたいと思っていたのですが、リソースをそこまで割かなくても「ウェブ上で接客を行う」ことでスピーディに課題を解決できそうなところが、KARTE導入の決め手でした。
 

tabica2非会員のユーザー来訪時に、新規会員登録を促進して、会員登録率をあげた

 
続きを読む

mag_header

[KARTE 新機能] スクリプトを使ったテンプレートのご紹介と操作ガイド最新版のお知らせ

KARTEサポートチームの谷です。最近行った主要なアップデート内容をご紹介します。
今回はスクリプトテンプレートを中心にご紹介させていただきます。
 

アップデート内容のまとめ

  • ビジターを任意のグループに応じて分類できるようになりました。
  • cookieに保存したデータを活用できるようになりました
  • KARTE管理画面操作ガイド 最新版を作成しました

 
続きを読む

mag_header

[KARTE 新機能] 新しい接客テンプレートのご紹介

KARTEサポートチームの清水です。
最近行った主要なアップデート内容をご紹介します。今回はテンプレートを中心に強化しました。
 

アップデート内容のまとめ

  • アンケート型テンプレートを複数用意し、集計機能をつけました
  • スクロール、マウスオーバーに合わせて表示できるテンプレートを用意しました
  • KARTEで計測されたデータを動的にテンプレートに引き込む設定が簡単になりました

 
続きを読む

navi2

ナビプラスのレコメンドサービス「NaviPlusレコメンド」と連携開始しました

ナビプラス社が提供するレコメンドエンジン「NaviPlusレコメンド」とウェブ接客プラットフォーム「KARTE」の連携が8月4日より開始されました。
これにより、ユーザーの特性にあわせたレコメンドを最適なタイミングで提案することが可能となります。
 

お客様の状況に応じたレコメンドが可能に

 
「NaviPlusレコメンド」は、訪問者の⾏動履歴を解析する「協調フィルタリング」とページ上のテキスト情報を解析する「テキストマイニング」を⽤いたハイブリット型のレコメンドエンジンです。
 
それぞれのデータをもとに関連性の⾼いアイテムをレコメンドすることが可能で、「この商品を⾒ている⼈は、他にこんな商品も⾒ています」「あなたへのおすすめ商品」といったレコメンドを提⽰することができます。
 
「KARTE」と連携させることにより、レコメンドを表⽰するタイミングや出し⽅を⾃由に設定できるほか、「KARTE」で蓄積した訪問者の特徴に合わせた「レコメンドの種類の出しわけ」をすることが可能になります。
 
レコメンドは、通常であればフッターなどの定位置に表⽰する形となりますが、「KARTE」でレコメンドを表⽰することにより、特定のページに遷移したタイミングでポップアップを表⽰するなど、ユーザーの状況に応じてレコメンドすることが可能になります。
 
また、効果に応じてそのタイミングを簡単に変更できる為、より効果的なレコメンドの表⽰⽅法を⾼速な PDCAサイクルを回しながら試していくことができます。
 
続きを読む

cozy

「KARTEなら、無限と言ってもいいほどの多様な接客が可能になる」株式会社コージィコーポレーション KARTE導入事例インタビュー

王冠マークとカラフルポップなデザインが特徴的な子供服ブランド「BABYDOLL」を運営する株式会社コージィコーポレーションでは、「BABYDOLL DeNAショッピング店」において、KARTEをご利用いただいております。
今回は、BABYDOLL DeNAショッピング店の運営を担当されている中野様にお話を伺いました。
 

時間や場所に関係なく、ユーザーに必要な情報を届けることができる


KARTEの導入前には、お客様へメッセージを伝える方法に限りがありました。
導入前にはメールマガジンやサイトTopのバナーエリアだけが、お客様へメッセージを伝える手段でした。
 
KARTEのポップアップでの通知を利用することで、伝えたいタイミングでお客様へメッセージを伝えることができます。
日時の指定もできるので、セールのタイミングや新商品の入荷のタイミングに合わせて出すことが可能です。
 
続きを読む

magkarte15a_v2.6

アンケート結果をリアルタイムに接客に活用!ウェブ接客でのアンケート機能活用事例3選

KARTEのSales&Marketingを担当している栗山です。

お客様ごとに適切なタイミングで、適切なメッセージを届けることができるのがウェブ接客の良さですが、KARTEのウェブ接客ではメッセージを届けるだけでなく、お客様からのメッセージを集めることもできます。

リアルの世界の接客でもよく行われている「お客様の声を集めて、その後の接客に活かす」のと同じことを、KARTEのアンケート機能を活かしてウェブ接客で実現できます。
 
お客様の声を接客に活かすことで、ウェブ接客の満足度はグッと上がります。
今回は、アンケートを活用してウェブ接客を行った具体的な事例を3つご紹介します。
 
 

KARTEのアンケート機能の特徴


アンケートによってお客様の属性や今後欲しい情報について知ることで、次回訪問からは「お客様に合わせた、お客様にとって役立つ情報のご提案」があらゆるサイトできます。
 
KARTEのアンケート機能の特徴は、回答を集計するだけでなく、集計結果をセグメントとして保存することができ、接客に活用できることです。
 
例えば、ユーザーがアンケート回答に「音楽フェスに興味がある」とチェックした場合、そのユーザーは「音楽フェスに興味があるユーザー」というセグメントに自動的に入ります。
その他のセグメントと掛けあわせて、「音楽フェスに興味があるユーザー」かつ「20代」「女性」向けに接客を行うといったことが可能になります。
 
fes2
 
アンケートの結果をお客様への接客やサイトの改善へそのまま活かすことが出来るので、お客様の声をすぐにマーケティングに活用できます。
 
続きを読む

mizuno02

「ペルソナではなく、リアルなお客様を把握して接客することができる」ミズノ株式会社 KARTE導入事例インタビュー

総合スポーツ用品メーカーであるミズノ株式会社は、「ミズノ公式オンラインショップ」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、公式オンラインショップのマーケティングを担当されている伊藤様にお話を伺いました。
 

KARTEの導入で、やりたいと思っていたことが全て実現できた


KARTE導入前にも、他のウェブ接客サービスを導入していましたが、その時は運用のスピードに課題を感じていました。
管理画面が使いづらく、組み込みが大変。
また、サービスの開発会社と頻繁にコミュニケーションを取れないということもあり、色々な場面でスピードが遅いと感じていました。
 
メッセージをお客様に届けたいと閃いたら、すぐ実行できるというスピード感が欲しかった。
来訪されるお客様全員に同じものを表示するのではなく、そのお客様に合ったメッセージを届けるべきとも思っていました。
 
KARTEの説明を聞いて、以前からやりたいと思っていたけどできなかったことが全て実現できると思い、利用してみようと考えました。
また、私たちがやろうとしていることを理解してくれていたり、サポートチームの方にすぐに連絡取れるという距離の近さも導入への決め手になりました。
 
IMG_2488

続きを読む

magkarte10_b

アプリのダウンロード数が1.5倍に!ウェブ接客を活用したナビゲーション事例

自社のサイトと合わせて、スマートフォン向けのアプリを運営している企業様も多くいらっしゃいます。
サイト内でアプリのダウンロードを促進する施策はよく見かけますが、対象となるユーザーに対して効果的な訴求ができているでしょうか?
 
今回は、KARTEのウェブ接客を利用してアプリのダウンロードを訴求をすることで、とても効果的にダウンロード促進を行った「プレミアムチケットのタイムセールサイト LUXA」様の事例をご紹介します。

続きを読む