安さではなく、ユーザーに合わせた訴求をするLUXAのグロース施策とは?株式会社ルクサ KARTE導入事例インタビュー

株式会社ルクサが運営するタイムセールサイト『LUXA』(ルクサ)。商品の入れ替わりを頻繁に行い、物販だけでなくレストランや美容系のチケットといった体験商品も販売している同サイトにおいて、データ活用は困難を極めます。

KARTEを導入し、顧客データを用いた施策を行っているのがマーケターの高杉さん(写真左)と関さん(写真右)です。
今回おふたりにインタビューを行い、『LUXA』におけるマーケティング課題や購買率が上がった具体的な施策、また今後の展望について伺いました。
 

「アイデアがあるのに、リソースがなくて実行できない」マーケターとして息苦しい状況だった

 

続きを読む

データドリブンで意思決定をする楽天生命は、どうやってサイトを高速改善しているのか? 楽天生命保険株式会社 KARTE導入事例インタビュー

数字とクリエイティブ――昨今のウェブマーケティングにおいて、データ解析からサイトデザインやバナーなどのクリエイティブへの反映までのプロセスにおいては、より迅速な連携が求められています。

そんな中、データ解析はもちろん、制作メンバーのマネジメントや制作物のクオリティチェックと一連の流れを幅広く管理しているのは、楽天生命保険株式会社 マーケティング部のリーダーである小林氏。

「データドリブンで意思決定を行う」という同社は、これまでいかにしてサイト改善を進めてきたのでしょうか? 過去の具体的な施策から今後の展望まで、小林氏に話を聞きました。
続きを読む

「KARTEの導入で、サイト自体の見方が変わった」株式会社ライフメディア KARTE導入事例インタビュー

株式会社ライフメディアでは、アンケート回答やキャンペーンに応募するだけで手軽にポイントが貯まるサービス「ライフメディア」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、KARTEをご利用いただいているメディアビジネス部の打矢様にお話を伺いました。
 

ユーザーアクションを活発にするサイト施策をやりたかった

ライフメディアは、お客様にアンケートに答えていただいたり、サービスを使っていただくことでポイントをお渡しして、いろいろなものに触れていただくことを目的にしているサイトです。
 
お客様に我々のサイトでのアクションを活発にしていただくこと、能動的に使ってもらうということが我々のチームのミッションです。
メールマガジンの媒体から派生しているサイトという経緯もあり、メールが今までのコミュニケーションの中心でした。メールを送る頻度は高く、一日に何通も送信しています。
続きを読む

「受信箱に埋もれることがないSMSで、確実にメッセージを届けたい」株式会社アトラエ KARTE TALK導入事例インタビュー

成功報酬型求人メディア「Green」や、完全審査制AIビジネスマッチングアプリ「yenta」、「社員の声が組織を変える」組織改善プラットフォーム「wevox」を開発、運営している株式会社アトラエでは、「Green」においてKARTE TALKのSMS機能をご利用いただいています。
今回は、KARTEをご利用いただいている井端様にお話を伺いました。
 

企業の担当者からのメッセージが届くのが、我々の強み

我々のサービスは、IT、Web業界に特化しており、その中でもWebエンジニアやWebデザイナーをメインターゲットとして運営しています。
このターゲットの方たちはUIにこだわりがある方が多いので、その人たちの基準から見て本当に使いやすいサイトになっているかどうかということを意識しています。
 
サイトとして最も重視している点は、企業の人事担当者が自分で考えたメッセージが求職者に届くことです。
求職者の方が、自分に向けてアプローチをされているなと感じてもらえるメッセージが多く届きます。
 
エージェントの方や代理の方からのメッセージではなく、企業の担当者の方が手間ひまかけてメッセージを送ってくれているというのを感じることができるのは、我々のサービスの強みですね。
 

続きを読む

「ユーザーの気持ちに応えられる接客をしたい」株式会社東京リーガルマインド KARTE導入事例インタビュー

働く人のキャリアアップ・生産性の向上および企業のイノベーションを支援する東京リーガルマインドでは、「LECオンライン申込ページ」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、KARTEをご利用いただいているWEB部の林様、佐藤様にお話を伺いました。
 

リアルタイムの接客が課題解決につながる

私たちはECサイトを管理している部署なのですが、課題になっていたのは、カートに遷移した後に未購入のままでサイト離脱をするユーザーでした。
カートに商品を入れたままでサイトを離脱したユーザーにメールを送る、いわゆるカゴ落ちメールを一部でやっており、一定の効果が出ていました。
 
その時にKARTEのことを知り、リアルタイムで接客ができ、サイトにいる間にもメッセージを伝えることができるサービスのほうが、サイトにいない時にメールで送るより課題解決に対して効果があるだろうと考えました。
 
また、社内のWebデザイン部門は新規のページ制作がメインの役割になってきますので、デザイナーやディレクターのリソースに頼らずに自分たちだけでサイト改善のサイクルを早めたいとも思っていました。
A/Bテストもやりたいと考えたいたところ、これらの課題がKARTEで解決できるいうことを知り、導入を決めました。
 
dsc09791
続きを読む

「機械的だったサイトに人間味を持たせることができた」KARTE導入事例インタビュー 株式会社ファクトリージャパングループ

整体・骨盤矯正のサロン「カラダファクトリー」を運営する株式会社ファクトリージャパングループでは、「カラダファクトリー公式サイト」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、KARTEをご利用いただいている営業企画本部の西川様にお話を伺いました。
 

ユーザーに届いていると思っていた情報が、届いていなかった

KARTEを導入する前、広告の流入を減らして、自然流入の正しい効果を検証する機会がありました。
 
その際、ウェブサイトへの流入数はある程度あるものの、コンバージョンが少ないことが発覚しました。
その原因を分析してみると、各店舗のページへ直接流入していて、サイトのトップを経由していないユーザーが多かったのです。
 
弊社では、季節ごとのキャンペーンをやっていることが多く、そのキャンペーンを利用しての予約も多いのですが、サイトのトップエリアのバナーでのみ告知していたので、キャンペーンの存在を知らないユーザーが多かった事が分かりました。
こちらとしてはサイトトップの大きなエリアで告知しているので、当然全てのユーザーに届いていると思っていたのですが、それが届いていなかった。
 
各店舗ページに直接ランディングしているユーザーにも、しっかりとキャンペーンの情報を届けないといけないと思っていたときにKARTEの話を聞いて、いろいろな場所やタイミングで情報を届けることができるという点に興味を持ち、導入しました。
続きを読む

「どのようなニーズのお客様にもメッセージを届けるチャレンジをしたい」株式会社新生銀行 KARTE導入事例インタビュー

個人、法人向けに、他にはないユニークな金融商品を提供している株式会社新生銀行は、「新生銀行ホームページ」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、オンラインのマーケティングを担当されている大竹様、松永様、中嶋様にお話を伺いました。
 

顧客起点のコミュニケーションが必要だと感じていました

我々のウェブサイトで提供している商品のバリエーションはとても広いので、従来よりお客様をセグメント化して、商品毎にターゲットを分けてキャンペーンを行っていました。
 
ただ、膨大な数のお客様がいらっしゃる中で、全てのお客様のニーズを汲みとることができていたわけではなく、狙いたいターゲットだけ狙って、それ以外のお客様には一様な情報を出すということになっていました。
 
また、Webサイトもそうですが、メールでのキャンペーンも多くやっていて、良かれと思って色々なキャンペーンを数多くやってしまい、効果検証が追いつかず、PDCAがうまく回っていませんでした。
 
売りたい商品、告知したいキャンペーンを押し出すというプロダクトアウトなコミュニケーションになってしまっていたのを、顧客起点で「欲しい情報を欲しいタイミングで届ける」という方向にシフトしたいと思っていた時にKARTEのことを知り、我々のニーズに合致していると思い、導入しました。
続きを読む

「自分で考えて、自分で施策を打つ楽しさに気づくことができる」株式会社ビズリーチ KARTE導入事例インタビュー

株式会社ビズリーチは、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、ビズリーチのプロダクト開発部プロダクトマネジメントチームの冨里様、舘山様にお話を伺いました。
 

お客様へのフォローを厚くしたいと考えていた

ビズリーチでは、会員様に転職の成約率をあげていただくために、成約までのフォローを厚くしたいと考えていました。
 
そのための施策の一つとして、職務経歴書の登録代行サービスがあります。
会員様の職務経歴書をWeb上でアップロードいただければ、我々が登録を代行するのですが、代行作業は手間もかかるため、すべての会員様にその促進を行うことはできません。
 
職務経歴書をしっかり埋めることが、転職の成約率アップにつながるということはデータから分かっていたので、転職意向の高い方に絞ってそのお知らせを出したいと考えていました。
 
誰に訴求するかということを細かくセグメントに分けて設定できるKARTEなら、そういったお知らせの出し分けや会員様ごとのサポートができるということで導入を決めました。
 

職務経歴書アップロード促進の接客例。
まだ職務経歴を埋めておらず、一定の頻度以上で訪問している会員様に絞って案内を出した。

続きを読む

「お店にいるお客様がどういう方なのか、KARTEによって明確化される」株式会社 食文化 KARTE導入事例インタビュー

株式会社 食文化は、「築地市場ドットコム DeNAショッピング店」でKARTEをご利用いただいています。
今回は、築地市場ドットコム DeNAショッピング店のサイト運営を担当されている小滝様にお話を伺いました。
 

メールマガジン以外にお客様を飽きさせないものを探していた

弊社の店舗は、店名そのままに築地市場に集まってくる旬の海鮮やフルーツを販売しています。
揃えている商品の品揃えには自信を持っていて、お客様もコストパフォーマンスよりも質にこだわりがある方が多いです。
 
希少性がある商品も多いため、メールマガジンでの販売促進には強みがあります。
メールマガジンで限定商品の告知などを行うと、すぐに完売してしまうこともあるほど、メールマガジンでの告知がうまくいっていました。
 
ただし、それだけではお客様がなかなか増えませんので、広告を使っての集客も検討しました。
しかし、広告で訪問するお客様が増えたとしても、売りたい商品を買ってもらうためには何をすればいいのだろうと困っていました。
 
メールマガジン以外で、お客様を飽きさせないようにしたいと考えている時にちょうどKARTEと出会い、メールマガジンではやりきれない、お客様の属性に合わせた細かな接客ができることが、KARTEの導入を決めた理由の一つです。
 

地市場ドットコム DeNAショッピング店

 
続きを読む

「ホストとユーザーとのコミュニケーションを、KARTEが強力に後押ししている」株式会社ガイアックス KARTE導入事例インタビュー

株式会社ガイアックスでは、田舎での日帰り観光ツアーを提供する「TABICA(タビカ)」で、KARTEをご利用いただいております。
今回は、事業責任者を務める細川様、そして企画営業を担当する畑中様にお話を伺いました。
 

「サイト内のユーザー導線の分かりづらさ」がTABICAが持つ課題でした

KARTEの導入前、TABICAへの訪問ユーザーを増やすための施策のみを行っていました。
しかし、サイトを訪問してくれたとしても、プランへの登録をせずに離脱するユーザーの割合が非常に高く、その状況を改善したいと考えていました。
 
離脱率の高さは「プランへの登録方法がよく分からない」といった部分にあったようです。
実際に、システムの利用方法に関する問い合わせが、当時は頻繁に寄せられていました。
そうした課題を改善するため、KARTEを導入しました。
 
当然、サイト内の導線を改善するといったことも同時に進めたいと思っていたのですが、リソースをそこまで割かなくても「ウェブ上で接客を行う」ことでスピーディに課題を解決できそうなところが、KARTE導入の決め手でした。
 

tabica2非会員のユーザー来訪時に、新規会員登録を促進して、会員登録率をあげた

 
続きを読む