「お客様を知るという意味で、KARTEだからこそ見られるものがある」弥生株式会社 KARTE導入インタビュー

弥生株式会社は、会計ソフトを中心とした業務用ソフトウェアの開発、販売を行っています。
今回は、「弥生シリーズ」のマーケティングを担当されているマーケティング本部の庄子様にお話を伺いました。
 

サイトを訪れていただいたお客様にいかに製品の魅力を伝えるか

個人事業主やフリーランスの方の会計ソフト利用率はまだ3割程度。
煩雑な会計業務や確定申告に手間と時間をかけている方が大多数という状況で、会計ソフトが提供できる価値の認知・理解が届いていないことが課題でした。
 
弊社のクラウド確定申告ソフトは初年度無償で全ての機能が使えるので、まずは無料で一年間使っていただくことを目指しています。
 
過去のアンケート調査から、会計ソフトに対して「自分の事業では会計ソフトを使わなくても良いのではないか」「使うのが難しそう」というイメージをお客様が持っていることが、使っていただく際の支障の1つだと分かりました。

そういった方に「簡単に会計業務、確定申告ができますよ」という弊社の製品のコンセプトや特徴をサイト上で伝えたいという思いがありました。
 
集客面では、コンテンツマーケティングや広告で、サイトに訪れるお客様は増えていたので、サイトを訪れていただいたお客様にいかに製品の魅力を伝えるかということが大事でした。
 
 
DSC03281

続きを読む

「今までのチャットよりも、個客に合わせて話しかけられる」株式会社Viibar KARTE TALK利用事例

株式会社Viibarは、企業の動画マーケティング支援及び動画制作に特化したクラウドサービス「Viibar(ビーバー)」の運営を主な事業としています。
今回は、Viibarで「KARTE」と「KARTE TALKのチャットをご利用いただいている株式会社Viibarの小野様・上田様にお話を伺いました。
 

確度の高いお客様の問い合わせを増やしていくために

Viibarでは動画制作をしたいお客様に対して、動画制作からマーケティングまでを一括でご提案をしています。
動画制作はウェブだけでコンバージョンしていく世界ではないので、基本的にお客様には対面で営業担当がいます。
 
マーケティングチームは営業担当に対して、確度の高いお客様を紹介していくことが主なミッションで、ウェブ上のランディングページの改善であったり、ウェブからの問い合わせのコンバージョンをいかに増やしていくかが重要な部分です。

 

a
 
続きを読む

「お客様との接点を増やして、お客様の転職の役に立ちたい」株式会社アイスタイルキャリア KARTE導入インタビュー

株式会社アイスタイルキャリアは、化粧品・美容業界専門の求人サイト「アットコスメキャリア」を運営されています。
今回は、アットコスメキャリアで「KARTE」をご利用いただいている株式会社アイスタイル テクノロジー本部の松藤様にお話を伺いました。
 

お客様にとってノイズにならない、ためになる情報を届けたかった

アットコスメキャリアは、自然流入で訪れるユーザーが多いサイトです。
美容部員、エステティシャン、セラピストなど複数の職種の求人があり、様々な目的を持ったお客様が来ます。
 
様々なお客様に対応するために、複数の情報をトップページのバナーで掲出していました。
しかし、例えば美容部員のお客様向けの情報を、セラピストを探しに来た方に出したり、お客様にとってはノイズになっていた部分もあると思うので、適切な情報を届けてあげる必要がありました。
 
また、「気になる」ボタンや、「化粧品のブランドから求人を探す」といった機能が使われていないことが数字から分かっていたので、そこを改善したいという思いもありました。
 
セグメントした人に適切なメッセージを届けるということをやりたいと思っていたので、「KARTE」を知った時にまさに、と思いましたね。
 
DSC02188

続きを読む

「一人ひとりに接客をして、好きなデザインケースを選ぶ楽しさを提供したい」株式会社ベーシック KARTE導入インタビュー

ウェブマーケティング力を活かしてあらゆる問題を解決する株式会社ベーシックは、デザインスマホケースECサイト「phocase(フォケース)」を運営されています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいているEC事業部ガジェット部の林様、佐藤様にお話を伺いました。
 

選べる楽しさがある一方で、お客様にとって選びづらいという課題もありました

phocaseには、オリジナル商品が数万点あって、たくさん商品が選べます。
選べる楽しさをお客様に価値として提供しているECサイトです。
 
多くの商品がある中から欲しい商品を選べるというのはお客様にとって楽しい行為だと思うのですが、商品が多くなることで、ユーザーにとっては商品を探しづらい、選びきれないという課題がありました。
 
選びやすさのためにカテゴリーを編集したり、色々な工夫をしているのですが、お客様の欲しいものは一人ひとり違う。
そのため、一人ひとりのお客様の行動に合わせた丁寧な接客が必要ではないかと思っていました。
 
「KARTE」の一人ひとりのお客様に合わせた接客というコンセプトは、まさにぴったりだと思いました。
 
DSC09140
 
DSC09142
続きを読む

「Zoffならではのホスピタリティあるユーザー体験をウェブでも実現したい。」株式会社インターメスティック KARTE導入事例インタビュー

株式会社インターメスティックは、高品質、適正価格のメガネの「Zoff」を運営するトータルアイケアカンパニーです。
今回は、「KARTE」をご利用いただいているマーケティング本部の斑目様にお話を伺いました。
 

対面販売が基本のメガネにおいて、ウェブで販売するのは本当に難しいです。

メガネはかけてみないと分からないし、お客様自身もどのようなメガネが欲しいのか言語化できていない。さらに視力という要素が関わってくるのでウェブでは販売しにくい商品でした。
同じようにファッションの分野もウェブで販売するのは難しいと言われていましたが、今では当たり前のようにECが利用されるようになりました。
 
メガネの世界でも同じ流れがきっと来ると思い、我々もECに力を入れようと思っていた時に「KARTE」を紹介していただいて、「ウェブ接客」という言葉にピンと来て導入を決めました。
 
DSC01639
続きを読む

「KARTEを見ていて、お客様のことが分かってくるのが楽しいです。」株式会社 TSI ECストラテジー KARTE 導入事例インタビュー

JILLSTUARTやNATURAL BEAUTY BASICなどのブランドを傘下に持つTSIグループでは、直営ショッピングモール「MIX.Tokyo」を運営されています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいているTSI EC ストラテジーの大濱様、深田様にお話を伺いました。
(関連インタビュー TSI EC ストラテジー代表取締役社長 柏木様「TSIグループが考えるウェブ接客のこれから」)
 

「KARTE」のUXには心地良さとライブ感が両方そこに存在していた

日本のツールやサービスで、数字を可視化するときのUIや、管理画面の使い勝手など、トータルのユーザーエクスペリエンスがしっかり考えられているものが少ないという印象でした。
「KARTE」のファーストインプレッションとしては、そのUXの部分がとても優れているなと思いました。そこで真っ先に興味持ちましたね。

心地良さとライブ感が両方そこに存在していた
ライブ感を可視化するのはすごく難しいことだと思いますので、そこを心地よく実現しているのには、すごく魅力を感じましたね。
 
DSC08402
続きを読む

TSIグループが考えるウェブ接客のこれから:KARTE インタビュー

JILLSTUARTやNATURAL BEAUTY BASICなどのブランドを傘下に持つTSIホールディングスグループ。
グループのEC事業とデジタルマーケティングを統括する株式会社TSI EC ストラテジーは「KARTE」導入前より、ウェブ接客の必要性を感じていました。
株式会社TSI EC ストラテジー 代表取締役社長 柏木様にこれからのウェブ接客について伺いました。
 

店舗がメインの業態だからこそ、ウェブ接客に向いている

我々のeコマースでの売上は全体の1割。いまだに9割は実際の店舗での売上です。
店舗での売上は、ショップのスタッフがいて、そのスタッフがお客様に接客をすることによって売り上げをあげています。

eコマースだからといってもその部分は変わることはなく、ウェブ上においても店舗接客に近かったり、もしくは同等な接客というものはどうやったらできるのだろうということを、考えてきました。
自社ブランドだからできるサービスが何かと考えたときに、一番我々がやるべきは「ウェブにおいても接客すること」だと気付きました。
 
DSC08401
 
続きを読む

「KARTEを最初に見せてもらった時に、テンションがあがりました。」株式会社旅工房 KARTE導入事例インタビュー

オーダーメイドの旅を提供するトラベル・コンシェルジュ・カンパニー、株式会社 旅工房はオンライン旅行サイト「TABIKOBO」を運営しています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいている廣瀬様、宮地様、藤田様にお話を伺いました。
 

おすすめのツアー表示が多く、分かりづらいサイトになっていることが課題でした。

旅工房ではサイトの中で、おすすめのツアーやキャンペーンを目立たせるために「PICK UP」や「SPECIAL」という表示をつけて商品の紹介をしています。
しかし、社内からは「このツアー、特集を取り上げて欲しい」という声が続々とあがってくるため、実際はおすすめのツアー表示が多くなり、お客様にとってわかりづらいサイトになっていました。
 
DSC08200
 
DSC08221
続きを読む

「リアル店舗で洋服を買うときのワクワクをECでも実現したい。」株式会社アットシェルタ 木村代表取締役インタビュー

株式会社アットシェルタは、ABAHOUSEブランドなど数多くのブランドの製造・販売をおこなうとともに、ブランド・ファション通販の「アットシェルタ」を運営しています。
今回は、「KARTE」をご導入いただいた木村代表取締役にお話を伺いました。
 

世の中のファッションに対する価値認識が変わったと感じています。

ファストファッションなどの登場で、世の中のファッションに対する価値認識が変わってきていますよね。ファッションのライフスタイルの中での位置づけが変わったと感じています。
 
空間の作り方もファッション企業の空間の作り方は古くなっているかもしれない。
代官山の蔦屋のような空間は10年前であったらファッション企業が提供していた空間。
 
ビックデータを持っている蔦屋さんだから提供できているというのが今の流れだと思う。
そのあたりのウェブの影響は強くなってきていると思います。
 
アパレル自体もこれからのウェブとの融合の中で、「人との接客のあり方」はどんどん変わっていくと思います。
店頭もIT化しますし、ECも伸びていく。どうやって全体の成長につなげていくかを考えることことが大事です。
 
「KARTE」で集まるデータの蓄積やウェブ接客という考え方を、これからを考える上でのヒントにしたいと考えています。
 
DSC08158
続きを読む

「KARTEのおかげで、本来の顧客サービスを追求できると感じています。」株式会社ドクターシーラボ KARTE 導入インタビュー

株式会社ドクターシーラボは、スキンケア化粧品を中心に化粧品事業を展開し、「ドクターシーラボ公式サイト Ci:Shop」を運営しています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいているマーケティング部の小原田様にお話を伺いました。
 

ページ作りという霧の中に迷い込んでいる状態でした。

「KARTE」を導入する前は、お客様のセグメントごとにランディングページやキャンペーンページを都度作って、出し分けてという事に注力していました。
さまざまなA/Bテストのツールを使ったり、自分たちの経験や知見を活かして作っていましたが、ランディングページのディレクションには必要以上に時間を取られてしまいます。
 
また、いろいろと試そうとすればするほどリソースがかかって、効果検証もおざなりになる。
結果、誰も正解が分からないという霧の中に迷い込んだ状態になりつつありました。
 
DSC08107
続きを読む