「KARTEのおかげで、本来の顧客サービスを追求できると感じています。」株式会社ドクターシーラボ KARTE 導入インタビュー

株式会社ドクターシーラボは、スキンケア化粧品を中心に化粧品事業を展開し、「ドクターシーラボ公式サイト Ci:Shop」を運営しています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいているマーケティング部の小原田様にお話を伺いました。
 

ページ作りという霧の中に迷い込んでいる状態でした。

「KARTE」を導入する前は、お客様のセグメントごとにランディングページやキャンペーンページを都度作って、出し分けてという事に注力していました。
さまざまなA/Bテストのツールを使ったり、自分たちの経験や知見を活かして作っていましたが、ランディングページのディレクションには必要以上に時間を取られてしまいます。
 
また、いろいろと試そうとすればするほどリソースがかかって、効果検証もおざなりになる。
結果、誰も正解が分からないという霧の中に迷い込んだ状態になりつつありました。
 
DSC08107
続きを読む

「お客様と長期の関係性を築くことが重要だからこそ、KARTEの接客というキーワードにピンときました。」株式会社コメ兵 KARTE 導入インタビュー

株式会社コメ兵は、日本各地にリユースストアを展開するとともに、
ジュエリー、時計などのリユースの通販を取り扱う「KOMEHYO オンラインストア」を運営しています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいているIT事業部の藤原様にお話を伺いました。
 

「KARTE」導入前は、課題が見つからないのが課題でした。

弊社のECサイトはもう10年以上やっていますので、検索やレコメンドなどECサイトに必要な機能は一通り入っていました。
新しいツールがどんどん出ていましたが、コンバージョン率が下がっているわけではなく、自社のサイトにおいてどこを改善すべきかという課題が見つかっていなかったので、ツールの導入に前向きにはなれませんでした。
 
弊社は小売としての歴史が60年以上あり、実店舗での接客はずっとやっていました。
店頭での接客が大事だと考えていましたが、ECサイトにも大事な役割があり、お客様にカタログ的にお使いいただいて店舗へ足を運ぶきっかけにしていただければと考えておりました。
 
それでも、Webでもっとできることはないかなと考えていたのですが、そんな時に「KARTE」と出会い、「接客」というキーワードにピンときて興味を持ちました。
 
DSC07873
続きを読む

「スピード感を持って、サイトの運用、施策をおこなえるのがKARTEの魅力です。」株式会社ルクサ KARTE導入インタビュー

株式会社ルクサは、高級タイムセールサイト「LUXA(ルクサ)」を運営。
「誰もがこのサイトを見れば、必ず素敵なものに出会える」を目指して、お得な価格で贅沢な体験をユーザーに届けています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいているマーケティング部の高桑様、鈴木様にお話を伺いました。
 

サイト内での接客がほとんどできていなかったのが課題でした。

広告での集客や、会員登録をしていただいたお客様にメールマガジンをお送りするということはおこなっていましたが、サイトを訪問していただいたお客様に対しての施策は「KARTE」導入前には、ほとんどできていませんでした。
 
お客様のことをちゃんと把握する必要があるよね、という声が社内であがっていたときにちょうど「KARTE」のことを知ったという形です。
 
「KARTE」をテスト導入してみて、ここまで色々できるサービスというのは非常に面白そうだなと感じました。実際に売上があがったことが数値で確認できたので、それから本格的に使っています。
 
DSC07421
続きを読む

「リアルな書店だと思われる接客をしたい。それを実現できるのがKARTEです。」KARTE 導入インタビュー 株式会社TORICO 濱田様

株式会社TORICOは、1巻から最終巻まで全巻まとめ買いできるインターネット書店「漫画全巻ドットコム」を運営。紙の漫画だけでなく、電子書籍も取り扱い、漫画を全巻読みたいというユーザーの声に応えています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいている濱田様にお話を伺いました。
 

数字だけの解析ツールでは見えてこない、ユーザーの姿を見たかった。

以前も解析ツールを利用していましたが、そこで分かるのは数字だけでした。
ちょうど電子書籍の事業を始めた直後のタイミングで、今までとは違うユーザーが増えており、彼らがどういう行動をしているのかを知りたいと思っていましたが、なかなかつかめない。
 
紙の漫画を買いに来たユーザーと、電子書籍の漫画を買いに来たユーザー、どちらも漫画に興味があるユーザーだけど、行動が全く違う。
 
その時に、まさにユーザーが見える「KARTE」に出会って、「これだ!」と思いました。
 
DSC07120
続きを読む