「KARTEを最初に見せてもらった時に、テンションがあがりました。」株式会社旅工房 KARTE導入事例インタビュー

LINEで送る
Pocket

オーダーメイドの旅を提供するトラベル・コンシェルジュ・カンパニー、株式会社 旅工房はオンライン旅行サイト「TABIKOBO」を運営しています。
今回は、「KARTE」をご利用いただいている廣瀬様、宮地様、藤田様にお話を伺いました。
 

おすすめのツアー表示が多く、分かりづらいサイトになっていることが課題でした。

旅工房ではサイトの中で、おすすめのツアーやキャンペーンを目立たせるために「PICK UP」や「SPECIAL」という表示をつけて商品の紹介をしています。
しかし、社内からは「このツアー、特集を取り上げて欲しい」という声が続々とあがってくるため、実際はおすすめのツアー表示が多くなり、お客様にとってわかりづらいサイトになっていました。
 
DSC08200
 
DSC08221

「自分でもこれだったらクリックするな」と思い、テンションがあがった。

「KARTE」では今までのサイト内でのバナーの見せ方と違い、ポップアップでとても目立つ形で出てくるので、「自分でもこのポップアップが出てきたら、クリックしちゃうな」と思い、感動しました。
初めて設定して配信したときには、テンションがあがりましたね。

また、「KARTE」にはターゲット毎にポップアップを出し分けできる機能があります。

例えば、グアム旅行の広告から流入して、グアムに興味を持っていると分かるお客さまには、グアム特集のポップアップを出すことができ、とても便利だと感じました。
 


グアム特集への誘導施策イメージ。グアムに興味を持っているターゲットに配信した。

 

会社のこだわりを、お客さまが興味を持つタイミングで見せていきたいですね。

旅工房には、例えば月々4,400円×24回のお支払いで6日間のハワイ旅行へ行ける「旅の分割払いサービス」という、お客さまに意外と知られていないサービスがあります。

このようなサービスへの導線はサイトの下層になってしまいますが、例えばお客さまが商品ページを閲覧して、旅行を検討している段階で案内を出してあげると全然違うかもしれません。
 
また現地情報に関する旅ブログも毎日更新しています。
旅ブログだけを見ていたら「あぁ、旅行いいなぁ。」と思うくらいで終わってしまうと思うのですが、商品ページを閲覧しているときに旅行先に関する旅ブログへの案内を出すと、旅行への想像を膨らませる手助けにもなりますよね。

そういったタイミングも「KARTE」を利用してうまく組み立てていきたいと考えています。
 


一人旅特集への誘導施策イメージ。
過去にも一人旅特集を見たターゲットに配信した。

今後は旅工房の強みと「KARTE」のサービスを掛けあわせて、お客さまへのご提案に活かしていきたい。

旅工房の強みは、一人ひとりに寄り添ったきめ細かいサービスを提供できる地域専門のトラベル・コンシェルジュです。その強みを今後「KARTE」とさらに連携していくことで活かしていきたいです。
 
例えば、お客さまの年齢、趣味趣向や過去の旅行履歴、アンケートなどを集約した弊社のシステムと「KARTE」で見えてくるサイト上でのお客さまの行動データを連携して、それぞれのお客さまに合ったポップアップ表示ができるようにしたいと考えています。
 
また、サイト内でのお客さまの行動をコンシェルジュが直接確認できるようにすることで、旅行を検討されていそうな行動をしているお客さまにはコンシェルジュからアクションを起こすようなこともできると面白いですね。
 
DSC08213
 

ウェブ接客のお問い合わせはこちらから

このようなウェブ接客に興味を持たれましたら、是非こちらよりお問い合わせください。
管理画面のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせたシナリオのご提案を行わせていただきます。 
 

企業名: 株式会社 旅工房
事業内容: 旅行業
導入サイトURL: http://www.tabikobo.com/

※この事例の内容は、2015年6月に実施したインタビューに基づいて作成しました。
※事例の内容は掲載時点のものです。

LINEで送る
Pocket