資生堂の「ワタシプラス」にKARTEが導入〜プライベートDMPとKARTEが連携し、ウェブサイトを含めた 全ての顧客接点で伴走型のコミュニケーションを実現〜

LINEで送る
Pocket

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」は、資生堂が運営する総合美容サイト「ワタシプラス(http://www.shiseido.co.jp/wp/index.html)」に2017年4月より導入されました。

KARTEの導入によって顧客のモーメント(いまお客様が何を考えているのか)に合わせた提案やコミュニケーションが、ウェブサイト上でもリアルタイムに可能となりました。
これにより、同社がデータの活用で目指す『顧客一人ひとりに最適なコミュニケーションを提供するワン・トゥ・ワンマーケティング』を実現します。

プライベートDMPに蓄積した顧客データの「活用視点」でも広がるKARTEの導入

プライベートDMPに蓄積した顧客データの分析はもちろんのこと、「実際の顧客コミュニケーションにおいてもデータを深く活用したい」という企業のニーズが高まる中で、KARTEは
①ユーザー軸でのリアルタイムデータ解析
②個客に合わせた幅広いアウトプットへの展開
③既存の他種DMP・MAツールの連携面における親和性が高い
という3つの特徴が評価され、「ワタシプラス」に導入されました。

顧客のモーメントに合わせた提案がKARTEで可能になり、全ての顧客接点で伴走型CRMを実現

資生堂ではこれまでにプライベートDMPやMAツールの導入によって、広告やメール、LINEといった自社サイト外のコミュニケーションにおいて、同社の目指す顧客伴走型のコミュニケーションを実現していました。

今回KARTEの導入において「ワタシプラス」のサイト内でも顧客のモーメント(今お客様が何を考えているのか)に寄り添ったコミュニケーションが可能になり、全ての顧客接点で同社の実現したい伴走型のCRMが可能になりました。
 

KARTEの導入前と導入後のイメージ

 
2017年5月には「ワタシプラス」5周年を記念し、KARTEを利用してまだ会員登録をしていないビジターユーザーと既に会員となっているメンバーユーザーに対してクーポンの訴求内容をKARTEで出し分けるだけでなく、クーポンをリマインドするタイミングなどを細かくセグメンテーションした施策を実施。商品購入率が約2.5倍になった事例があります。

今後は、KARTEで得られた「ワタシプラス」上の行動データをプライベートDMPに戻し、顧客の趣向や好みをより詳細に捉えていくことも検討しており、実現した際にはメールやLINEといったサイト外のコミュニケーションにもそのデータを活用していく予定です。

資生堂ジャパン株式会社 EC事業推進部 合田 道氏のコメント

「当社は、よりよいお買いもの体験をお客さまにご提供できるよう、ウェブサイトやメール・LINEなどタッチポイントを横断したコミュニケーションを達成したいと考えております。
DMPに蓄積されたデータとKARTEのリアルタイムデータを合わせることで、今まで以上にお客さまのモーメントを捉えたコミュニケーションが実現出来ると期待しています。」


お問い合わせはこちらより

「KARTE」のご利用に興味を持たれましたら、是非こちらよりお問い合わせください。
管理画面のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせたシナリオのご提案を行わせていただきます。

本リリース内容に関するお問い合わせ先

株式会社プレイド 広報 櫻井(さくらい)
Eメール:press@plaid.co.jp

LINEで送る
Pocket