「PAL CLOSET」の訪問客をVR空間上で可視化する「K∀RT3 GARDEN」(カルテガーデン)を発表

LINEで送る
Pocket

株式会社パルとプレイドはこの度、PAL公式通販サイト「PAL CLOSET」をVR(仮想空間)でお店として目の前に出現させ、サイト内で買い物中のユーザーの動きがリアルタイムに見える「K∀RT3 GARDEN」(カルテガーデン)を開発しました。

「K∀RT3 GARDEN」は、データによって一人ひとりの生活者や顧客の体験が、より良くなる未来について考えるプレイドの研究開発プロジェクトから生まれました。

今回は株式会社パル様の全面ご協力の元、ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」のコンセプトである「(インターネット上の顧客を)知る・合わせる」の重要性をテクノロジーを用いて表現するということにチャレンジしており、VRの開発には株式会社カヤックにご協力いただいています。

イメージ動画

「カルテガーデン」では、訪問客をVR空間でリアルタイムに視覚化することで、画面の向こう側にいるユーザーをリアルに感じ、数値だけでは得られないものを感じてもらおうとする試みです。

仮想空間では、カテゴリごとにエリアが設けられており、サイトでの回遊が実際の店舗での動きのように表現されます。

商品ページを閲覧しているユーザーの場合は、商品を手に取っているアクションが行われ、購入手続きをする際にはレジに向かっていく。そんな動きがVR空間で表現される。気になるユーザーがいれば、詳細なデータを確認することができます。

「K∀RT3 GARDEN」(カルテガーデン)開発に伴う各担当者のコメント

株式会社パル プロモーション推進本部 本部長補佐 兼 コミュニケーションデザイン室 室長 兼 WEB事業推進室 室長 堀田 覚
「デジタルやIT技術が進んでいくとサービスが均一化してくると考えています。そうなると、デジタルやECであっても人と人とのコミュニケーションや、つながりが価値を持ってくると感じています。そうした際にお客様の行動をVR化できていれば、タイミングやニーズを理解した上での接客を、よりスムーズに行える可能性があると今回感じました。今後も様々な技術やサービスを活用し、店頭での接客のようにお客様の心を理解し、お客様に寄り添えるECを実現していきたいです。」

株式会社プレイド 秋山 剛
「本プロダクトではKARTEが目指す世界観の一部をVR空間内に表現したものです。「人感」を重視し、コミュニケーションにおける数値だけではない大事なもの、を感じ取ってもらえるように設計しました。」

予約制でK∀RT3 GARDENの体験が可能(2018年1月末日まで)

データによって一人ひとりの生活者や顧客の体験がより良くなる未来に興味をお持ちの企業や学生を対象に「K∀RT3 GARDEN」のご体験申し込みを受付します。
ご希望の際は以下のフォームよりお申し込みください。(場所:株式会社プレイド本社)
https://goo.gl/nXzMHi

掲載メディア

本件に関するお問い合わせ先

株式会社プレイド 広報  櫻井(さくらい)
Eメール:press@plaid.co.jp

LINEで送る
Pocket