サイト間で分断されていた個客体験を繋ぎ、 最適な体験の設計・実施を可能にする 「KARTE CX CONNECT」の提供を開始。第一弾としてAll Aboutへ導入が決定。

LINEで送る
Pocket

本日、「KARTE CX CONNECT」の提供開始を発表しました。

「KARTE CX CONNECT」とは、これまでサイト(ドメイン)間やオンライン・オフラインで分断されていた顧客の体験を統合して個別に最適な顧客体験(CX)を可能にするサービスです。
「KARTE」による自社サイトにおける顧客の可視化を、メディア、実店舗などを繋いでの可視化に広げる取り組みになります。

「KARTE CX CONNECT」には下記の特徴があり、顧客を軸にした企業のマーケティングを促進します。

  • エンジニアによる高度な開発を必要としない
  • マーケティングツール間の複雑な連携も不要
  • 「KARTE」のみで顧客の体験を横断的に可視化
  • 顧客の可視化だけでなく、それぞれの顧客に合わせたアクションが「KARTE」だけで可能

尚、本サービスを媒体社向けに提供した初回案件として、株式会社オールアバウトとの共同リリースを本日同時に発表しております。その他、不動産ポータルサイトや宿泊施設サービスで「KARTE CX CONNECT」の導入開始及び予定をしております。

All Aboutが自社のライフイベントデータを活用し、企業のOne to Oneマーケティングを推進する基盤として「KARTE」を採用

「KARTE CX CONNECT」の第一弾として、「KARTE」が、株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也)の提供する総合情報サイト「All About」に導入されることが決定しました。

ユーザーがAll Aboutのサイトから、出稿する企業ブランドサイトに移動した際にも、All Aboutに蓄積したユーザーのライフイベントデータを活用しながらブランドサイト内での行動や体験を人軸で統合し、リアルタイムに分析・可視化。

属性や興味・検討度合い(スコアリングによる定量化)に合わせたコミュニケーションを実施するなど、顧客毎に最適なサービス体験の設計が可能になります。

【本連携のイメージ】

All About とKARTEの連携について

連携の概要

  • All About の「金融」「住宅」「妊娠出産・子育て」「結婚」カテゴリにKARTEが連携。
  • それらのカテゴリーを閲覧しているユーザーをリアルタイムに可視化。コンテンツの接触や読了率などが取得できます。
  • さらに、行動・嗜好情報やライフステージに関するユーザー情報(ライフイベントデータ)も解析します。

All Aboutと自社サイト内を横断してユーザー統合

広告主がKARTEを導入することで、ユーザーがAll Aboutに出稿する企業ブランドサイトへ移動した際にも、All Aboutと自社サイト内を横断してユーザーを統合し、行動や体験をリアルタイムに把握できるようになります。

それにより、属性や興味、検討度合い(スコアリングによる定量化)などから、ユーザー毎に合わせた最適な顧客体験を設計し、個別に最適なコミュニケーションが可能になります。

オフラインとも連携可能

また、最終購買がオンラインを離れてオフラインで行われることが多い住宅や金融サービスにおいても、オフラインのタッチポイントにKARTEを導入することで実店舗側を繋げたリアルな営業支援が可能です。

これにより、オンライン上から送客した実店舗への初回来店顧客に対しても、興味や関心に合わせた、顧客毎の商談やコミュニケーションが可能になります。インターネット上での認知から実店舗での購買まで、一連のプロセスにおけるオンラインとオフラインを跨いだユーザーの顧客体験向上が実現します。

尚、すでに大手銀行、生命保険、保険相談サービス、住宅仲介サービス等の事業者が、本件の導入を決定しております。

「KARTE CX CONNECT」の開始に伴うプレイド代表、倉橋健太のコメント

KARTEの提供を開始して2年半が経ち、私たちが提唱した「ウェブ接客」市場が育ちながら、大企業を含む多くの企業でKARTEの導入が進み、想像を超えるスピードで利活用の事例が生まれています。

最近では、汎用性の極めて高いユーザーDBとして設計されたKARTEのミドルウェア的な特性を活かし、データをただ貯めるだけでなく多面的に活用して新しい価値を顧客に提供したいと考える企業が増加しており、今回の具体的なサービス提供開始に至りました。

「KARTE CX CONNECT」は非常にシンプルなソリューションで、いくつもの新規事業やマーケティングを基盤として支える他、KARTE=ウェブ接客=ポップアップツールではなく、KARTE=CXM(カスタマー・エクスペリエンス・マネジメント)へと進化していく布石になると考えております。

プレイドでは今後も、データによって、人の価値を最大化するというミッション、未来に向けて邁進して行きます。


お問い合わせはこちらより

「KARTE」のご利用に興味を持たれましたら、是非こちらよりお問い合わせください。
管理画面のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせたシナリオのご提案を行わせていただきます。

本リリース内容に関するお問い合わせ先

株式会社プレイド 広報 櫻井(さくらい)
Eメール:press@plaid.co.jp

LINEで送る
Pocket