「Salesforce Marketing Cloud」と 連携を開始しました

LINEで送る
Pocket

セールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Marketing Cloud(以下、Marketing Cloud)」と「KARTE」との連携を2018年2月より開始しました。

顧客データを相互にやり取りすることが可能に

「Marketing Cloud」は、One to One マーケティングを実現するデジタルマーケティングプラットフォームです。

今回の連携により、「KARTE」と「Marketing Cloud」がそれぞれで蓄積した顧客データを相互にやり取りすることが可能となりました。

サイト内におけるリアルタイム解析とアクションに強みのある「KARTE」と、電話やメール、LINEなど多様なチャネルを横断したマーケティング施策に強みのある「Marketing Cloud」が連携することで、両社が重要視する「一人ひとりの顧客に対して最適なコミュニケーション」の実現を、より厚みのあるデータを活用し、最適なチャネルを選んで行うことができます。

今回の連携によりできることの例

  • 「KARTE」でリアルタイムに解析した顧客データや行動データを「Marketing Cloud」の「Journey Builder」でのメールマーケティングのきっかけとするような、新たなマーケティングシナリオを実行することが可能になります。
    • 「KARTE」で計測しているサイト上でのユーザーのアクションイベントの有無で、メールの内容を出し分けするといったことができます。
       
  • 「Marketing Cloud」を活用したメールマーケティングへの顧客反応データを「KARTE」に取り込み、顧客体験をパーソナライズすることが可能になります。
    • 例えば、キャンペーンの案内をメールで送ったものの、未開封で確認していないと分かるユーザーにだけ、サイト訪問時に同じキャンペーンの案内を出すことが可能になります。
    • メールでも案内を見て、サイトでも案内を見るといった重複を防ぐことができます。
    • 同じように、メールマガジンの登録をしていないユーザーにだけ、サイト上でメールキャンペーンの内容を表示させるといったこともできます。

今後も「KARTE」は、データを蓄積する様々なサービスと連携し、一人ひとりのサイト来訪者を人として可視化することで心地よい、最適な顧客体験を提供するプラットフォームとして成長してまいります。

Salesforce Marketing Cloud について

Salesforce Marketing Cloudは、消費者とのエンゲージメントを強化するマーケティング プラットフォームです。

マーケティング担当者は、リアルタイムの顧客データを活用し、メールやモバイル、SNS、LINE、Webといったチャネルを横断して顧客とつながり、予め組み込まれたAIテクノロジーを活用することでマーケティング効果の最大化を実現することができます。

さらにマーケティング、営業、コマースやカスタマーサービスとの連携で、一人ひとりに最適化された顧客体験の提供が可能となります。
https://www.salesforce.com/jp/products/marketing-cloud/overview/


お問い合わせはこちらから

こちらの連携に興味を持たれましたら、こちらよりお問い合わせください。

既にKARTEをご利用のお客様は、管理画面もしくはメールでお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket