[KARTE 新機能] スクリプトを使ったテンプレートのご紹介と操作ガイド最新版のお知らせ

LINEで送る
Pocket

KARTEサポートチームの谷です。最近行った主要なアップデート内容をご紹介します。
今回はスクリプトテンプレートを中心にご紹介させていただきます。
 

アップデート内容のまとめ

  • ビジターを任意のグループに応じて分類できるようになりました。
  • cookieに保存したデータを活用できるようになりました
  • KARTE管理画面操作ガイド 最新版を作成しました

 

ビジターを任意のグループに分類できるようになりました


ビジターを任意のグループでセグメントにすることで、「滞在時間」や「PV数」などの重複が起きる指標で接客サービスを出し分けて効果検証をすることがより簡単になります。
 
例えば、同じ接客アクションを、「1PV目」「2PV目」「3PV目」のどのタイミングで行うのが最も効果的かを検証したいとします。
この時、ビジターを任意の3つのグループに分けることで、それぞれのグループに対して、「1PV目」「2PV目」「3PV目」に接客するという設定を行うだけで、それぞれ重複なく接客することができます。
 

スクリーンショット 2016-08-16 18.42.40シナリオ例 ビジターのPVごとに接客を実施

 
従来であれば、「1PV目」に「接客サービスA」を設定しつつ、「2PV目」には「接客サービスB」を設定するためには、「2PV目」であり、「接客サービスAを受けていない」という除外条件を追加しないと、接客サービスの重複が起きてしまいました。
 
今回の新しいスクリプトテンプレートにより、重複が起きる指標であっても簡単にグループに分けて接客サービスの効果の確認が可能になります。
 
詳しい設定方法に関しては、サポートサイト内の「接客サービス>テンプレート>[スクリプト]ビジターを任意のグループに分ける」という記事をご確認ください。
 

cookieに保存しているデータを活用できるようになりました


cookieに保存しているデータを抽出して、利用できるようなスクリプトのテンプレートを用意致しました。
すでにcookieベースで様々な情報を保存しているけれど、サイト上からそのデータを引き渡せないといった場合に便利です。
 
例えば、レコメンドエンジン連携の際に、ユーザーIDをcookieに保存していれば、ユーザーがログインすることなくユーザーをcookie情報から判別し、パーソナルレコメンドを表示することが可能です。
 
従来であれば、ログインするまではユーザーIDを取得できませんでしたが、このスクリプトを活用することでこのような活用方法も可能になりました。
 
詳しい設定方法に関しては、サポートサイト内の「接客サービス>テンプレート>[スクリプト]Cookieから情報を取得する接客サービス」という記事をご確認ください。
 

KARTE管理画面操作ガイド 最新版を作成しました


サポートサイトで、KARTEのご利用に関する情報をアップデートしておりますが、冊子としても利用したいというご要望も多く頂いておりましたので、操作ガイドを最新版に更新致しました。
PDFで配布しておりますので、プリントアウトして冊子としてもご利用いただくことが可能です。
 
操作ガイド
 
こちらのPDFは、サポートサイトに掲載しております。メールでの送付をご希望のお客様はサポートチームまでお問い合わせください。
 
今後も様々な接客サービスを簡単に実現できるよう、機能開発してまいりますので引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
これらのテンプレートの設定についてのお問い合わせはKARTE管理画面内より、チャットやメールでサポートチームにお問い合わせください。
 

お問い合わせはこちらから

KARTEご利用前のお客様でこのようなウェブ接客に興味を持たれましたら、是非こちらよりお問い合わせください。管理画面のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせたシナリオのご提案を行わせていただきます。 

LINEで送る
Pocket